ネットショップ開業ソフト「ネットショップ・オーナー4 /R.2」
ご購入はこちら
製品特長機能動作環境事例紹介よくある質問サポートダウンロードお問い合わせ
動作環境
システムの概要
パソコン動作環境
サーバー動作環境
動作確認済み環境
弊社にて動作確認済みの共用レンタルサーバー
各社にて動作確認済みの共用レンタルサーバー


>


WebARENA「SuiteX」をご使用の場合の設定方法

WebARENA「SuiteX」または「Suite2」をご使用の場合の設定方法をご案内します。

SSLを使用する場合 SSLを使用しない場合

SSLを使用する場合

WebARENA「SuiteX」にて、SSLのお申込み、およびSSL認証に必要な設定は全て完了済みという前提で、SSL設定方法をご案内いたします。

・ネットショップ・オーナー「ツール」→「オプション設定」→「サーバー設定」→「サーバー接続」の設定
ホスティングサービス WebARENA 「Suite2」
(※設定方法は「Suite2」と同じです。)
FTPのホスト名(アドレス) FTPアドレス
FTPのユーザーID FTPアカウント
FTPのパスワード FTPパスワード
FTPのポート番号 21
転送先フォルダ /home/  ※1
CGIプログラムの転送先 /ssl/cgi-bin/
perlのパス #!/usr/bin/perl
sendmailのパス /usr/lib/sendmail

・ネットショップ・オーナー「ツール」→「オプション設定」→「サーバー設定」→「ショップページ」の設定
(※ご利用のドメイン名を「example.com」とした場合の設定例です。 )
ホームページのURL http://www.example.com/
CGIのURL https://www.example.com/cgi-bin/
SSLを使用する チェック
1.SSLの種類 『SSL用のURLが「https:(www.) ドメイン名〜」となる場合(主に専用SSL)』 を選択
2.SSL暗号化対象のページ 『3.個人情報を扱うページとその他のCGIページ』を選択
SSLページの画像ファイル転送先フォルダ /ssl/home/  ※2
(※2には、※1に入力した転送先の頭に「/ssl」を加えた転送先を入力します。)

以上で設定は完了です。
設定後、ページを更新し、「アップロード」操作をすることで、SSLに対応したショップページが表示されるようになります。

■トップページ以下すべてのページをSSLとする場合
・ネットショップ・オーナー「ツール」→「オプション設定」→「サーバー設定」→「サーバー接続」の設定
ホスティングサービス WebARENA 「Suite2」
FTPのホスト名(アドレス) FTPアドレス
FTPのユーザーID FTPアカウント
FTPのパスワード FTPパスワード
FTPのポート番号 21
転送先フォルダ /ssl/home/
CGIプログラムの転送先 /ssl/cgi-bin/
perlのパス #!/usr/bin/perl
sendmailのパス /usr/lib/sendmail

・ネットショップ・オーナー「ツール」→「オプション設定」→「サーバー設定」→「ショップページ」の設定
(※ご利用のドメイン名を「example.com」とした場合の設定例です。 )
ホームページのURL https://www.example.com/
CGIのURL https://www.example.com/cgi-bin/
SSLを使用する チェック
1.SSLの種類 『SSL用のURLが「https:(www.) ドメイン名〜」となる場合(主に専用SSL)』 を選択
2.SSL暗号化対象のページ 『1.トップページ以下すべてのページ』を選択

以上で設定は完了です。
設定後、ページを更新し、「アップロード」操作をすることで、SSLに対応したショップページが表示されるようになります。

SSLを使用しない場合

・ネットショップ・オーナー「ツール」→「オプション設定」→「サーバー設定」→「サーバー接続」の設定
ホスティングサービス WebARENA 「Suite2」
(※設定方法は「Suite2」と同じです。)
FTPのホスト名(アドレス) FTPアドレス
FTPのユーザーID FTPアカウント
FTPのパスワード FTPパスワード
FTPのポート番号 21
転送先フォルダ /home/
CGIプログラムの転送先 /cgi-bin/
perlのパス #!/usr/bin/perl
sendmailのパス /usr/lib/sendmail

・ネットショップ・オーナー「ツール」→「オプション設定」→「サーバー設定」→「ショップページ」の設定
(※ご利用のドメイン名を「example.com」とした場合の設定例です。 )
ホームページのURL http://www.example.com/
CGIのURL http://www.example.com/cgi-bin/
SSLを使用する チェックしない

以上で設定は完了です。


データベース設定方法

ご利用のMySQLのバージョンによって設定が異なります。

MySQL5.1(標準)の場合

WebARENAの管理画面「サイトマネージャー」の 「Web&FTP管理 > MySQL管理 > MySQLのON-OFF」で、使用するデータベースの「ON/OFF」をONにして使用を開始し、表示されているMySQL情報を参照して以下のように設定してください。
詳しくはこちらをご覧ください。
データベースサーバーのホスト名 localhost
データベース名 「DB名」の情報を入力してください。
データベースのユーザーID 「DBユーザ名」の情報を入力してください。
データベースのパスワード 「DBパスワード」のパスワードを入力してください。
データベースのポート番号 3306

MySQL4.1(オプション)の場合

「MySQLマネージャー」の画面で表示されるMySQL情報を参照し、以下のように設定してください。
詳しくはこちらをご覧ください。
データベースサーバーのホスト名 「データベースサーバ名」の情報を入力してください。
データベース名 「データベース名」の情報を入力してください。
データベースのユーザーID 「ユーザ名」の情報を入力してください。
データベースのパスワード データベースパスワードを入力してください。
データベースのポート番号 3306

メールアカウント設定方法

メールアドレスを「abc@example.com」、ご利用のドメイン名を「example.com」とした場合の設定例です。
(実際には、お客様ごとに個別の内容が入ります。)
メールアドレス abc@example.com
送信サーバー example.com
受信サーバー example.com
ユーザーID abc
パスワード メールアドレスのパスワード
タイムゾーン 大阪、札幌、東京
その他 SMTP認証
送信ポート番号 587
受信ポート番号 110