ネットショップ開業ソフト「ネットショップ・オーナー4 /R.2」
ご購入はこちら
製品特長機能動作環境事例紹介よくある質問サポートダウンロードお問い合わせ
動作環境
システムの概要
パソコン動作環境
サーバー動作環境
動作確認済み環境
弊社にて動作確認済みの共用レンタルサーバー
各社にて動作確認済みの共用レンタルサーバー




ホームページ・ビルダー サービスをご使用の場合の設定方法

サーバー設定方法(共用SSLを使用する場合)
サーバー設定方法(SSLを使用しない場合)
データベース設定方法
メールアカウント設定方法

サーバー設定方法(共用SSLを使用する場合)

ネットショップ・オーナーの「ツール」→「オプション設定」→「サーバー設定」の設定方法をご案内します。

【ご注意】
共用SSLを使用するには、ホームページ・ビルダー サービスにて、「バーチャルURL」の設定を行う必要があります。
ホームページ・ビルダー サービスのユーザーメニューより管理者アカウントでコントロールパネルにログインし、Web設定の「バーチャルURL」を開き、該当するドメイン名に対して「使用する」に設定してください。

■ 「ツール」→「オプション設定」→「サーバー設定」→「サーバー接続」の設定
ホームページ・ビルダー サービスのユーザーメニューより管理者アカウントでコントロールパネルにログインし、Web設定のFTPアカウントを開き、この画面に表示されるFTPアカウント情報を参照し、以下のように設定してください。
※例として、「ドメイン」を「example.com」 とします。実際にはお客様ごとのドメインが入ります。
「ドメイン」は上記コントロールパネルのサービス設定の独自ドメイン設定を開き、この画面に表示されるドメイン設定を参照します。

ホスティングサービス ホームページ・ビルダー サービス
FTPのホスト名(アドレス) 「FTPサーバー名」の情報を入力してください。
FTPのユーザーID 「FTPアカウント」の情報を入力してください。
FTPのパスワード 「FTPパスワード」の情報を入力してください。
FTPのポート番号 21
転送先フォルダ ○「設定ディレクトリ」が "/" の場合
/example.com
○「設定ディレクトリ」が "/" でない場合
/
CGIプログラムの転送先 ○「設定ディレクトリ」が "/" の場合
/example.com/cgi-bin/
○「設定ディレクトリ」が "/" でない場合
/cgi-bin/
を推奨(任意のフォルダに設置可能)
perlのパス #!/usr/local/bin/perl
sendmailのパス /usr/lib/sendmail

■ 「ツール」→「オプション設定」→「サーバー設定」→「ショップページ」の設定
ホームページのURL http://example.com/
CGIのURL http://example.com/cgi-bin/ ※1
SSLを使用する チェックを入れる
1.SSLの種類 『上記以外のURLとなる場合(主に共用SSL)』 を選択
共用SSLのURL https://v.js-hpbs.jp/example.com/
2.SSL暗号化対象のページ 「1.トップページ以下すべてのページ」
「2.個人情報を扱うページ」
「3.個人情報を扱うページとその他のCGIページ」
のいずれかを選択
SSLページの画像ファイル転送先フォルダ 入力不要
※1 サーバー設定の「CGIプログラムの転送先」に合わせて入力します。

設定後、全ページを更新し、「アップロード」操作をすることで、SSLに対応したショップページが表示されるようになります。


サーバー設定方法(SSLを使用しない場合)

■ 「ツール」→「オプション設定」→「サーバー設定」→「サーバー接続」の設定
ホームページ・ビルダー サービスのユーザーメニューより管理者アカウントでコントロールパネルにログインし、Web設定のFTPアカウントを開き、この画面に表示されるFTPアカウント情報を参照し、以下のように設定してください。
※例として、「ドメイン」を「example.com」 とします。実際にはお客様ごとのドメインが入ります。
「ドメイン」は上記コントロールパネルのサービス設定の独自ドメイン設定を開き、この画面に表示されるドメイン設定を参照します。
ホスティングサービス ホームページ・ビルダー サービス
FTPのホスト名(アドレス) 「FTPサーバー名」の情報を入力してください。
FTPのユーザーID 「FTPアカウント」の情報を入力してください。
FTPのパスワード 「FTPパスワード」の情報を入力してください。
FTPのポート番号 21
転送先フォルダ ○「設定ディレクトリ」が "/" の場合
/example.com
○「設定ディレクトリ」が "/" でない場合
/
CGIプログラムの転送先 ○「設定ディレクトリ」が "/" の場合
/example.com/cgi-bin/
○「設定ディレクトリ」が "/" でない場合
/cgi-bin/
を推奨(任意のフォルダに設置可能)
perlのパス #!/usr/local/bin/perl
sendmailのパス /usr/lib/sendmail

■ 「ツール」→「オプション設定」→「サーバー設定」→「ショップページ」の設定
ホームページのURL http://example.com/
CGIのURL http://example.com/cgi-bin/ ※1
SSLを使用する チェックを入れない
※1 サーバー設定の「CGIプログラムの転送先」に合わせて入力します。


データベース設定方法

■ 「ツール」→「オプション設定」→「サーバー設定」→「データベース」の設定
ホームページ・ビルダー サービスのユーザーメニューより管理者アカウントでコントロールパネルにログインし、データベース設定の[MySQL]を開き、画面に表示されるMySQL情報を参照し、以下のように設定してください。
データベースサーバーのホスト名 「ホスト名」の情報を入力してください。
データベース名 「データベース名」の情報を入力してください。
データベースのユーザーID 「ユーザー名」の情報を入力してください。
データベースのパスワード 「パスワード」の情報を入力してください。
データベースのポート番号 3306


メールアカウント設定方法

■ 「ツール」→「オプション設定」→「メール設定」→「メールアカウント」の設定
ホームページ・ビルダー サービスのユーザーメニューより管理者アカウントでコントロールパネルにログインし、メール設定の[メールアカウント]を開き、画面に表示されるメールアカウント情報を参照し、以下のように設定してください。
ただし、送信サーバー、受信サーバーについては、上記コントロールパネルのサービス設定で[サーバー情報]を開き、画面に表示されるサーバー情報を参照して設定してください。
メールアドレス 「メールアドレス」の情報を入力してください。
送信サーバー 「SMTPサーバー」の情報を入力してください。
受信サーバー 「POPサーバー」の情報を入力してください。
ユーザーID 「アカウント」の情報を入力してください。
パスワード 「パスワード」の情報を入力してください。
タイムゾーン 大阪、札幌、東京
その他 SMTP認証
送信ポート番号 587
受信ポート番号 110