ネットショップ開業ソフト「ネットショップ・オーナー4 /R.2」
ご購入はこちら
製品特長機能動作環境事例紹介よくある質問サポートダウンロードお問い合わせ
動作環境
システムの概要
パソコン動作環境
サーバー動作環境
動作確認済み環境
弊社にて動作確認済みの共用レンタルサーバー
各社にて動作確認済みの共用レンタルサーバー




「アスカレンタルサーバー」をご使用の場合のサーバー設定方法

  • ※ アスカレンタルサーバーは、2018年10月31日にサービスが終了します
アスカレンタルサーバーをご使用の場合のサーバー設定方法をご案内します。
(※スタンダードシリーズ「バリュープラン」、ARS201、ARS202ではご利用いただけませんのでご注意ください)

SSLを使用する場合とSSLを使用しない場合とで、サーバー設定方法が異なります。以下の2つの設定方法からお客様が該当する環境を選択して、詳細説明をご確認ください。(ネットショップはお客様の個人情報を取り扱うことになるため、SSLのご利用を強くお薦めします。)

   共用SSLを使用する場合【推奨】
   SSLを使用しない場合

共用SSLを使用する場合のサーバー設定方法

・ネットショップ・オーナーの「ツール」→「オプション設定」→「サーバー設定」→「サーバー接続」の設定情報
(※ご利用のドメイン名を「example.com」とした場合の設定例です。 )
ホスティングサービス カスタム設定
FTPのホスト名(アドレス) サーバ名
FTPのユーザーID FTPアカウント
FTPのパスワード FTPパスワード
FTPのポート番号 21
転送先フォルダ / ※1
CGIプログラムの転送先 / ※1
perlのパス #!/usr/bin/perl
sendmailのパス /usr/sbin/sendmail

※1 FTPアカウント作成時にルートディレクトリ「htdocs_ご利用ドメイン名」で作成した場合は「/」を入力してください。
アスカサーバーでFTPアカウント作成時に、ルートディレクトリを「/」で作成した場合は、
「/htdocs_ご利用ドメイン名」を入力してください。

・ネットショップ・オーナーの「ツール」→「オプション設定」→「サーバー設定」→「ショップページ」の設定情報
(※ご利用のドメイン名を「example.com」とした場合の設定例です。 )
ホームページのURL http://www.example.com/
CGIのURL http://www.example.com/
SSLを使用する チェックする
1.SSLの種類 「上記以外のURLとなる場合(主に共用SSL)」を選択
共用SSLのURL https://○○○.asuka-server.com/ご利用ドメイン名/
2.SSL暗号化対象のページ

「1.トップページ以下すべてのページ」
「2.個人情報を扱うページ」
「3.個人情報を扱うページとその他のCGIページ」
のいずれかを選択

SSLページの画像ファイル転送先フォルダ 入力不要
TOPへ

SSLを使用しない場合のサーバー設定方法

・ネットショップ・オーナーの「ツール」→「オプション設定」→「サーバー設定」→「サーバー接続」の設定情報
ホスティングサービス カスタム設定
FTPのホスト名(アドレス) サーバ名
FTPのユーザーID FTPアカウント
FTPのパスワード FTPパスワード
FTPのポート番号 21
転送先フォルダ / ※1
CGIプログラムの転送先 / ※1
perlのパス #!/usr/bin/perl
sendmailのパス /usr/sbin/sendmail

※1 FTPアカウント作成時にルートディレクトリ「htdocs_ご利用ドメイン名」で作成した場合は「/」を入力してください。
アスカサーバーでFTPアカウント作成時に、ルートディレクトリを「/」で作成した場合は、
「/htdocs_ご利用ドメイン名」を入力してください。

・ネットショップ・オーナーの「ツール」→「オプション設定」→「サーバー設定」→「ショップページ」の設定情報
(※ご利用のドメイン名を「example.com」とした場合の設定例です。 )
ホームページのURL http://www.example.com/
CGIのURL http://www.example.com/
SSLを使用する チェックしない
TOPへ

データベース設定方法

「アスカレンタルサーバー」管理画面の[データベース]→[phpMyAdmin]で表示されるMyAQL情報を参照し、以下のように設定してください。
(「ASUKAサーバーサービス」の場合は、[MySQLサーバ接続情報確認]画面を参照してください。)

データベースサーバーのホスト名 「MySQLサーバ」の情報を入力してください。
データベース名 「アクセスID」の情報を入力してください。
データベースのユーザーID 「アクセスID」の情報を入力してください。
データベースのパスワード データベースのパスワードを入力してください。
データベースのポート番号 3306


メールアカウント設定方法

メールアドレスを「abc@example.com」、ご利用のドメイン名を「example.com」とした場合の設定例です。
(実際には、お客様ごとに個別の内容が入ります。)
メールアドレス abc@example.com
送信サーバー mail.example.com
受信サーバー mail.example.com
ユーザーID abc@example.com
パスワード メールアドレスのパスワード
タイムゾーン 大阪、札幌、東京
その他 POP before SMTP
送信ポート番号 587
受信ポート番号 110