携帯に強い!メルマガ配信ソフト「同報@メール5 /R.2」
ご購入はこちら
製品特長機能動作環境事例紹介よくある質問サポートダウンロードお問い合わせ
サポート



トラブルシューティング

メールの送受信関連

Q メール1通1通の送信間隔を変更することはできますか?
Q [送信設定日時]を夜中に設定したいのですが、パソコンの電源はどうするのでしょうか?
Q 一度送った文章を、再度送信することはできますか?
Q 何らかの理由で回線が途中で切れてしまった場合、まだ送れていない分はどうなるのでしょう?
Q 「再送信待ち」のメールが10分おきに送信されますが、その間隔を変更することはできますか?
Q [システム設定]の設定内容が分かりません
Q 実際に送信するアドレスと返信用に表示されるアドレスを分けて使いたいのですが。
Q 会社内のアドレスには送信できますが、お客様や外部のアドレスには送信できません。
Q 送信ができません。メールの状態は[送信待ち]です。
Q [送受信]ボタンをクリックしたら、「ホストアドレスが無効です」というメッセージが表示されました。
Q [送受信]ボタンをクリックしたら、「接続が相手先サーバに拒否されました」というメッセージが表示されました。(受信はできるが、送信時に「サーバーに接続が拒否されました」、「接続がリセットされました」となる場合なども含む)
Q [送受信]ボタンをクリックしたら、
「ログインに失敗しました。ERR password suplied for ○○ is incorrect」
「ログインに失敗しました。−ERR authorization faild.」
「User name or Password is incorrect」
というメッセージが表示されました。
Q [システム設定]の設定内容は間違えていないはずですが、送受信ができません。
Q これまで異常なく送受信できていた環境で、急に送受信ができなくなってしまいました。「同報@メール4」の設定やバージョンは、何も変更していません。
Q 他のメールの送受信に異常はないのに、空メールによる登録メールだけが認識されません。他のメールソフトでは空メールは受信されています。
Q 空メールの自動登録を行っていますが、携帯端末から送られてくるメールの一部に、受信はするが自動登録できないものがあります。(「同報@メール3」)
Q 「接続が異常終了しました」とメッセージが出て、メールの送信が[エラー]となります。
Q HTMLメール送信でサーバー上に画像をアップしているはずなのにメールに画像が添付されてしまいます。
Q 送信エラーの一括変更機能を利用して、エラーになったアドレスにだけ同じメールを送信することはできますか?
Q SSLメール送信について教えてください。
Q 携帯のアドレスに対して、添付ファイルの送信を行うことはできますか?

回答

▲戻る
Q メール1通1通の送信間隔を変更することはできますか?
A 間隔を広げることができます。マニュアル127ページ(Waitタイム調整)を参照してください。

初期設定は最短間隔に設定してありますので、それ以上縮めることはできません。
▲戻る
Q [送信設定日時]を夜中に設定したいのですが、パソコンの電源はどうするのでしょうか?
A 送信時間になるまで「同報@メール4」とパソコンを起動したままお待ちください。設定日時に送信が開始されます。(マニュアルP110)

・パスワード設定をしている場合にはアプリケーションのロックを行うことをおすすめします。(マニュアルP148)

・ [送受信]メニューの[タイマーを…]が[…停止する]になっていることを確認しておきます。[タイマーを起動する]になっていますと、現在のタイマーは停止の状態で、予約送信は実行されません。

・ ダイアルアップ回線をご使用の場合は、[システム設定]→[オプション項目]→[自動ダイアルアップの設定/解除]が設定されていることを確認してください。
▲戻る
Q 一度送った文章を、再度送信することはできますか?
A 再利用したいメールを選択→右クリック→「複製」を選択してメールを作成してください。

※一度送信したメールIDを選択し、「編集」でタイトルや本文を編集して、再度同じ個人IDに送ろうとしても、[重複送信防止機能]により、送信することができない仕様となっています。「編集」は「下書き」か「送信待ち」状態のメールを編集するときにお使いください。
▲戻る
Q 何らかの理由で回線が途中で切れてしまった場合、まだ送れていない分はどうなるのでしょう?
A 自動で10分後に送信を再開します。特別な設定をしなくても[重複送信防止機能]により、まだ送信していない宛先から送信を再開します。

既に送ったアドレスを確認するには、[送信履歴]を見ます。確認したいメールを右クリックして「送信履歴」をクリックします。(マニュアルP126)
これから送る宛先のリストを確認するには、[宛先詳細]を見ます。確認したいメールを右クリックして「宛先詳細」をクリックします。(マニュアルP121)
ダイヤルアップ接続の場合は、あらかじめ[システム設定]→[オプション項目]→[自動ダイヤルアップの設定]をしておいてください。
▲戻る
Q 「再送信待ち」のメールが10分おきに送信されますが、その間隔を変更することはできますか?
A できません。
▲戻る
Q [システム設定]の設定内容が分かりません
A メールアドレスの発行元から提供されている情報を参照して、設定を行ってください。設定用紙等を紛失された場合は、ご契約のプロバイダーや、システム管理者様にご確認をお願いします。

■「同報@メール4」に「Outlook Express6」で使用しているアドレスを設定する場合は、下記のように対応しています。

・POP3の場合
※「Outlook Express」の詳しい操作方法については、「Outlook Express」のヘルプなどでご確認をお願いします。

■「同報@メール4」に「Becky!2.09」で使用しているアドレスを設定する場合は、下記のように対応しています。

・POP3の場合
同報@メール4 Becky!2.09
システム設定 メールボックス上で右クリック→プロパティ
送信者情報
(送信設定)
送信者メールアドレス 基本設定タブ → 個人情報 → メールアドレス
送信者名 基本設定タブ → 個人情報 → 名前
送信サーバアドレス(SMTP) 基本設定タブ → サーバー情報 → SMTPサーバー(送信)
送信サーバのポート番号 詳細タブ → サーバーのポート番号 → SMTP
送信サーバのタイムゾーン なし
送信者情報
(受信設定)
受信サーバアドレス 基本設定タブ → サーバー情報 → POPサーバー(受信)
受信サーバのポート番号と種類(ポート番号) 詳細タブ → サーバーのポート番号 → POP
受信サーバのポート番号と種類(種類) 基本設定タブ → サーバー情報 → 受信プロトコル
受信サーバのユーザーID 基本設定タブ → サーバー情報 → ユーザーID
受信サーバのパスワード 基本設定タブ → サーバー情報 → パスワード
受信時サーバからメールを削除する 基本設定タブ → サーバー情報 → 受信メールをサーバーに残す

※「Becky!」の詳しい操作方法については、「Becky!」のヘルプなどでご確認をお願いします。

※上記以外のメールソフトをご利用の場合は、「Outlook Express6」の設定項目とご利用のメールソフトを対応させて「同報@メール4」に設定してください。ご利用のメールソフトの詳細につきましては各ソフトの発売元(配給元)にお問合せをお願いします。
▲戻る
Q 実際に送信するアドレスと返信用に表示されるアドレスを分けて使いたいのですが。
A 分けることはできません。
▲戻る
Q 会社内のアドレスには送信できますが、お客様や外部のアドレスには送信できません。
A ご利用の送信(SMTP)サーバでSMTP認証が必要な場合、このような現象が起こることがあります。[システム設定]の[SMTP認証]タブで設定を行ってください。(マニュアルP.53)

設定をしても現象が変わらない場合は、メールサーバー側で送信に関する注意事項はないか、システム管理の担当の方に相談してください。
▲戻る
Q 送信ができません。メールの状態は[送信待ち]です。
A メールの[状態]が[送信待ち]であっても、[送信予定日時]がパソコンの時計より先(未来)の時刻に設定されている場合、送信は行われません。
今すぐ送りたい場合は、メールをダブルクリックして開き、[今すぐ送信]ボタンをクリックします。(マニュアルP.111)
▲戻る
Q [送受信]ボタンをクリックしたら、「ホストアドレスが無効です」というメッセージが表示されました。
A ●原因と対策(1)

[システム設定(必須項目)]の[送信者情報(受信設定)]で、[受信サーバアドレス]に入力した内容が間違えている場合に表示されることがあります。入力内容をご確認ください。

受信サーバアドレスが正しく入力されていましたら、[受信サーバのユーザーID]と[受信サーバのパスワード]をご確認ください。

[受信サーバのユーザーID]とは、"メールアカウント"やメールの"アカウント(名)"のことです。アドレスの@の左側部分と同一であることが多いです。例えばメールアドレスが「mail_info@incrementp.co.jp」のアカウントは「mail_info」になりますが、メールアドレスの発行元によって異なりますので、すべてに当てはまるわけではありません。詳しくはアドレスの発行元に確認してください。

[受信サーバのパスワード]は"メールパスワード"のことで、メール専用のパスワードです。他のパスワードを入力しても認証が通りませんので、送受信はできません。また、他のメールソフトで既に設定・入力されているパスワード欄のアスタリスク("*****")をコピーして貼り付けても、パスワードが入力されたことにはなりません。「同報@メール4」の[システム設定]の画面上で直接入力するようにしてください。

※[システム設定] 設定上の注意

[送信者名]以外はすべて半角(A)で入力します。大文字(A)と小文字(a)も区別されますので、ご注意ください。
設定する内容がわからない場合は、メールアドレス発行元(会社や契約プロバイダー)のシステム担当の方に確認してください。

●原因と対策(2)

ご使用のパソコンにインストールされているセキュリティソフトの影響が考えられます。一時的にセキュリティーソフトのファイアーウォール設定を解除したり、起動を停止してから動作をご確認ください。

※セキュリティーソフトの設定については、各ソフトのヘルプなどを参照してください。

●原因と対策(3)

インターネットの通信回線に常時接続ではないダイアルアップ接続をご利用で、インターネットに接続していないのに送受信を行ったときに表示されることがあります。インターネットに接続してから動作をご確認ください。「同報@メール4」→[システム設定]→[オプション項目]→[(5)自動ダイアルアップの設定]で、自動ダイアルアップの設定を行うことができます。
▲戻る
Q [送受信]ボタンをクリックしたら、「接続が相手先サーバに拒否されました」というメッセージが表示されました。
A ●原因と対策(1)
パソコンのOSがWindowsXPやWindows2000の場合、「同報@メール4」の環境を作成したユーザーと権限の関係で、機能が制限されている可能性があります。「同報@メール4」の新しい環境を作成([ファイル]→[環境]→[新規環境作成])してから、その環境で動作を確認してください。

●原因と対策(2)
[システム設定]に入力した内容が間違えているために、設定したメールサーバへの接続ができていない可能性があります。こちらの●原因と対策(1)を参照して、設定内容をご確認ください。

●原因と対策(3)
セキュリティソフトがインストールされているパソコンでは、セキュリティソフトの設定で「同報@メール4」のメール送受信が許可されていない可能性があります。 セキュリティソフト上で「同報@メール4」のメール送受信を許可する設定に変更していただくことによってエラーが解消される場合がありますのでご確認ください。

●原因と対策(4)
ご利用のプロバイダーで、ポート25番ブロッキングの措置が実施されている場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。

セキュリティソフト上のどの設定を変更するかにつきましては、ご使用のセキュリティソフトのメーカー窓口にご相談をお願いします。
▲戻る
Q [送受信]ボタンをクリックしたら、
「ログインに失敗しました。ERR password suplied for ○○ is incorrect」
「ログインに失敗しました。−ERR authorization faild.」
「User name or Password is incorrect」
というメッセージが表示されました。
A [システム設定(必須項目)]を確認します。
[送信者情報(受信設定)]の[受信サーバのユーザーID]と[受信サーバのパスワード]に間違いがないか、確認してください。確認のポイントは、こちらの●原因と対策(1)をご覧下さい。
▲戻る
Q [システム設定]の設定内容は間違えていないはずですが、送受信ができません。
A お使いのパソコンにセキュリティーソフトはインストールされているでしょうか。セキュリティーソフトの設定により、送受信が規制される場合があるようです。

「同報@メール4」で送受信を行うときは、一時的にセキュリティソフトのファイアーウォール設定を解除したり、動作を停止させて送受信を行ってみてください。

※セキュリティソフトの設定や操作については、各ソフトのヘルプなどでご確認ください。
▲戻る
Q これまで異常なく送受信できていた環境で、急に送受信ができなくなってしまいました。「同報@メール4」の設定やバージョンは、何も変更していません。
A ■原因1
お使いのパソコンにセキュリティーソフトはインストールされているでしょうか。セキュリティーソフトの自動アップデートや定義ファイルの自動更新の影響で、[システム設定]の内容が書き換えられるケースがありました。[システム設定]を確認してから送受信を行ってください。

※セキュリティソフトの設定や操作については、各ソフトの発売元へご確認ください。

■原因2
[システム設定]に設定しているメールサーバーで、仕様や設定の変更はありませんでしたでしょうか。メール送信時の認証方式にSMTP認証が採用されると、受信はできても送信ができなくなります。このような場合は[システム設定]の[SMTP認証]タブの設定をしてから送受信を行ってください。(マニュアルP.53)[SMTP サーバのユーザID]と[SMTP サーバのパスワード]は、メールサーバーの管理者の方へ確認してください。

■原因3
ご利用のプロバイダーがポート25番ブロッキングを実施した可能性があります。詳しくはこちらをご覧ください。

■原因4
メールサーバーや通信回線の不調によって、一時的に送受信ができなくなることがあります。他のメールソフトやインターネットの動作状況を確認して、異常があればシステム管理者に相談するか、時間を空けてから送受信を行ってみてください。
▲戻る
Q 他のメールの送受信に異常はないのに、空メールによる登録メールだけが認識されません。他のメールソフトでは空メールは受信されています。
A セキュリティソフトの影響によるものと考えられます。 「同報@メール4」で受信を行うときにだけ一時的にセキュリティソ フトを解除していただければ、受信ができるようになるものと考えられ
ます。
Q 空メールの自動登録を行っていますが、携帯端末から送られてくるメールの一部に、受信はするが自動登録できないものがあります。(「同報@メール3」)
A バージョン3.2.4.1以前のプログラムにおいて、携帯端末の一部機種(ボーダフォン3G携帯)からの空メールによる自動登録が出来ないという不具合が確認されておりましたが、アップデータ(Ver.3.2.4.2/3.2.4.2)にて解消されています。

最新版アップデータ ( Ver.3.2.4.2/3.2.4.2 )にて、ダウンロードし、アップデートを行ってください。

※同報@メール4ではこの問題は発生しません。

Q 「接続が異常終了しました」とメッセージが出て、メールの送信が[エラー]となります。
(受信はできるが、送信時に「サーバーに接続が拒否されました」、「接続がリセットされました」となる場合なども含む)
A 2つの原因が考えられます。

(1)お使いのパソコンにセキュリティソフトはインストールされていませんでしょうか。セキュリティソフト側で「同報@メール4」からのインターネットアクセスやメールの送受信が許可されていない設定になっている可能性が考えられます。セキュリティソフトの設定をご確認ください。(セキュリティソフトの確認方法や設定方法等につきましては各ソフトのメーカー様窓口にお問い合わせをお願いします。)

(2)[システム設定]に設定している送信サーバ側の設定やネットワークの設定などで、送信がブロックされている可能性が考えられます。送信サーバやネットワークの管理者様にご相談をお願いします。

ポート25番ブロッキングについて

特に、最近のプロバイダーの傾向として、迷惑メール防止のため、送信にプロバイダー提供のメールアカウント以外でメールを送信する(別のメールサーバーを利用してメールを送信する)場合に、ポート25番に設定されたメールをブロックする措置(ポート25番ブロッキング)が取られている場合があります。
この措置に対する回避策にとして、主にサブミッションポート(ポート587番に設定し、SMTP認証を利用して送信する)を利用したメール送信などがありますが、詳しい回避策については、メールサーバー、プロバイダーによって異なっているため、詳細についてはご利用のメールサーバー、プロバイダーにお問い合わせをお願いいたします。

※なお、送れなかったメールの[送信履歴]で[状態]が[エラー]になっているアドレスに、メールは届いていません。アドレス上でダブルクリックすると、「ダイレクトメールを送ることができない」になっていることが確認できると思います。これは、送信がエラーになったことを受けて変更された部分(送信可否フラグ)なのですが、そのままではメールを送ることができませんので、それらのアドレスにメールを送りたい場合には、メールを送る前に「ダイレクトメールを送ることができる」に戻す作業が必要となります。
ここで、[送信履歴]の[エラーになったアドレスを送信可に戻す]を押すと、送信可否フラグの状態を「ダイレクトメールを送ることができる」に戻すことができます。
また、同じメールを使って同じ個人IDのアドレスにメールを送ることはできません。詳しくはマニュアルP.129をご覧ください。

▲戻る
Q HTMLメール送信でサーバー上に画像をアップしているはずなのに、メールに画像が添付されてしまいます。
A

「Outlook Express」を利用してHTMLメール(emlファイル)を作成する際、
「Outlook Express」メニューバーの[書式]−[メッセージに画像を添付する] の設定項目にチェックを入れたまま、emlファイルを保存しますと、メールに使われている画像ファイルが添付された状態になります。

※既存のホームページを利用する場合(ユーザーマニュアル P.117参照)であっても「Outlook Express」の仕様により、サーバーにアップされている画像ファイルがメールに添付された状態になります。

この状態のemlファイルを「同報@メール4」に取り込んでメールを送信しますと、画像ファイルが添付されてメールを送信いたします。
(「同報@メール3」においては、画像ファイルを添付する機能がなかったため、自動的にファイルの添付は行われませんでした)

これにより、場合によっては比較的大容量のメールが送信されることになるため、メール送信に時間がかかったり、メールを受信される方に迷惑がかかる場合があります。画像ファイルを添付する必要のない場合(サーバーにアップされている画像を参照できる場合)には、[メッセージに画像を添付する]のチェックをはずしてemlファイルを保存していただくことをおすすめいたします。

▲戻る
Q 送信エラーの一括変更機能を利用して、エラーになったアドレスにだけ同じメールを送信することはできますか?
A

次の手順で行います。

●1. 再送信を行いたいメールの送信履歴画面を開き、 右下の「エラーになったアドレスを送信可に戻す」ボタンを押します。

ボタンを押すと、送信履歴画面のエラーの状態になっているメールアドレスのみ、DM送信可否フラグを一括でNからYに変更します。
(各メールの「個人情報の詳細」ボタンを開いて、”ダイレクトメールを「送ることができる」”に戻っていることを確認します。)
※このまま1の状態で送信ボタンを押しても、重複送信防止機能が働いていますので、再送信は行われません。

●2.次に[システム設定]-[送受信オプション]-[エラーメール再送信の設定]を開いて「エラーメールを元に再送信処理を行う」にチェックをします。

※すでにエラーメールの再送信設定を行っている場合には、1回→2回という具合に再送信設定回数を1つ繰り上げてください。

●3.今度は先程のメールの宛先詳細画面を開き、「最新の情報に更新」ボタンを押します。
すると、以前エラーとなっていたアドレスだけが、再び宛先として抽出されます。

●4.送信を行います。
この状態で送信ボタンを押せば、エラーとなっていたアドレスに対してのみ送信を行います。

▲戻る
Q SSLメール送信について教えてください。
A

SSLメールとは、電子メールの送信時において、通信経路上を全て暗号化して通信を行う機能のことです。メールの本文ならびにサーバーとの通信内容も暗号化されます。

「同報@メール4」でSSLメールを利用する場合には、サーバーがSSLメールに対応している必要があります。
「同報@メール4」では送信形式として、over TLS 1.0、over SSL 2.0、over SSL 3.0、STARTTLSに対応しており、[システム設定]-[送受信設定詳細]にてそれぞれの送信形式を選択することができますが、サーバーによって対応形式はそれぞれ異なりますので、設定内容については、ご利用のサーバー会社へお問い合わせください。

Q 携帯のアドレスに対して、添付ファイルの送信を行うことはできますか?
A

「同報@メール4」では、携帯のアドレスに対しては、添付ファイルを送らない仕様となっているため、添付ファイルを送信することはできません。

※テストメールの送信機能では、設定しているアドレスに対して無条件に表示しているタブのメールを送るという仕組みになっているため、テストメールに携帯アドレスを設定していた場合、通常メールのタブからメールが添付された状態でテストメールが届きますが、実際の送信ではメールにファイルが添付されることはありません。




製品特長機能動作環境活用事例よくある質問サポートダウンロードお問い合わせ