ネットショップ開業支援 > 人気ネットショップ開業講座 > ネットショップを開業するために必要な資格や届け出・許可・手続き
人気ネットショップ開業講座

開業編STEP1

ネットショップの開業に必要な届け出と商品

商品とお店のプランニングをしよう

ネットショップ繁盛までの道のり
開業編
集客編
運営編

ネットショップを開業するために必要な資格や届け出・許可・手続き

取り扱う商品のなかに許認可が必要なものはないか確認し、必要な場合は所定の手続きをとろう。

ネットショップで扱う商材について、必ず事前に確認しておくべきことがあります。それは許認可の問題。下の表のとおり、商品によっては勝手に販売できないものもあるからです。たとえば、国内の商材であれば食品や中古品、酒類、ペット、危険物など。

販売不可能なものもあるので事前にチェックしておこう

食品は、農産物を農家から直送する場合や加工品を仕入れて販売する場合は許可をとる必要はありません。しかし、鮮魚や乳製品はもとより、オーナー自ら加工して販売する場合、各都道府県の保健所に届け出る必要があります。
もちろん実店舗も運営しているショップなら、すでに保健所の許可をとっているはずですが、問題は自宅でケーキを手作りするケース。営業するにあたり、自宅の台所以外に専用の厨房施設を設置しなければいけません。スペースと設備費用がかかる問題なので、必ず事前に保健所に相談することです。
アルコール度数1度以上のお酒を販売する場合は、一般酒類小売業の免許と、ネットで販売するための「酒類の通販の免許」が必要です。

中古品を販売する場合は、古物商許可証が必要。ペットの場合、ほ乳類、鳥類、は虫類を販売する際には、保健所への届け出が必要となります。ただし、魚類、昆虫類に関しての届け出は不要。ペット用のエサを販売する場合も、届け出をする必要はありません。

国内の商品を扱う場合

食品 酒類
「食品衛生責任者の免許」「食品衛生法に基づく営業許可」の取得は必須条件。
たとえばこんなもの
  • 手作りのキムチや漬物
  • 手作り菓子・ケーキ
  • 手作りジュースやジャム
  • 魚介類(生・干物・燻製)
  • 乳製品(牛乳やチーズ)
  • 保健所へ
    こんなものは不要
  • 実家で生産した農作物
  • 缶詰やスナック菓子
  • お茶やコーヒー
  • アルコール度1度以上の酒類を販売する場合は、一般酒類小売業の免許が必要。
    たとえばこんなもの
  • アルコール度1度以上のすべての酒類
  • 中身の入ったワインボトルをエッチングなど加工して販売
  • みりん
  • 税務署へ
    こんなものは不要
  • ブランデーケーキ
  • ラムレーズンアイス
  • 酒まんじゅう
  • ウイスキーボンボン
  • 奈良漬
  • 中古品 ペット、その他
    販売を目的として中古品を仕入れたり、委託販売する場合は、古物商許可証が必要。
    たとえばこんなもの
  • 中古の本やCD、DVD
  • 中古家具
  • リサイクル衣料品
  • アンティーク物の時計
  • アンティーク物の宝石
  • チケットや金券
  • 警察署へ
    犬を10匹以上飼育して販売する場合は動物取扱業の許可も必要
    たとえばこんなもの
  • イヌやネコ、小鳥などの小動物
  • イグアナなどの爬虫類
  • 花火や爆竹
  • キャンプ用のホワイトガソリン
  • カセット式ガスコンロ
  • コンタクトレンズなどの医療器具
  • 保健所へ
    各都道府県の薬務課へ
    こんなものは不要
  • 熱帯魚などの魚類
  • カブトムシなどの昆虫
  • ペットのえさ
  • 輸入品の場合はさまざまな規制がある

    いっぽう、商品を輸入して販売する場合は、さらに許認可が必要なケースが増えます。対象となるのは下にあるとおり。
    食品に関しては、国内商品では届け出の必要がなかった野菜や果物などの農産物から、缶詰、缶ジュースなどの加工済み商品に至るまで、食品衛生法に基づき届け出は必要です。手続きの際には、「食品等輸入届出」に必要な書類を添付して、厚生労働省検疫所の輸入食品監視担当へ提出し、商品の審査・検査を受けます。
    口に接触しやすい食器類やベビー用品もこれと同様の手続きを行います。なお、この手続きをすべて一人で行うのは大変難しいため、代行業者に依頼する人が多いようです。動植物の場合、ほ乳類や鳥類、は虫類はもちろん、国内では許認可の不要だった昆虫類、魚類にも届け出が必要となります。動物の場合は農林水産省の動物検疫所、植物は同省の植物検疫所にて検疫を受けます。
    このほか、輸入品の毛織物、シルクの衣類、ぬいぐるみなどにも注意が必要です。毛織物は基本的に輸入自由品目ですが、ワシントン条約に該当する動物の毛皮を用いたものは、経済産業大臣の輸入承認を得なくてはなりません。シルクの衣類も通常、輸入規制はありませんが、商品によっては輸入管理体制が実施されている場合もあるので、事前に経済産業省の窓口に相談しておくとよいでしょう。
    ぬいぐるみも原則的には自由に輸入できますが、ワシントン条約に該当する動物の羽毛などを使ったものは輸入できません。また、ミッキーマウスなどの特定キャラクターは、権利者から税関に対して輸入指し止め申し立てがされており、基本的に輸入はできないので注意しましょう。
    このように輸入商品には細かい取り決めが多数あるため、輸入する際は前もってミプロhttp://www.mipro.or.jp/)や税関に相談することをおすすめします。

    輸入商材を扱う場合

    食品 動植物
    国内では自由に販売できる野菜や缶詰も食品衛生法の規制を受ける。
    たとえばこんなもの
  • 農産物
  • 缶詰など加工品
  • お茶やコーヒー
  • 厚生労働省検疫所
    有害な害虫、種子、かびなどの進入を防ぐため、動植物は検疫手続きが必要。
    たとえばこんなもの
  • 種子類
  • イヌやネコ、小鳥などの小動物
  • 生花
  • イグアナなどの爬虫類
  • ドライフラワー
  • 熱帯魚などの魚類
  • カブトムシなどの昆虫
  • 厚生労働省検疫所
    植物検疫、動物検疫
    食器 ベビー用品、その他
    人の口に接触する機会の多い商品は、食品衛生法の対象となる
    たとえばこんなもの
  • お皿や茶碗、カップ、グラス
  • スプーン、フォーク、ストロー
  • 厚生労働省検疫所
    こんなものは不要
  • 灰皿
  • 赤ちゃんの口に入りやすい商品を扱う場合も食品衛生法の対象となる。
    たとえばこんなもの
  • 幼児用玩具
  • 哺乳瓶など乳幼児用品
  • 厚生労働省検疫所

    次へ進む

    先輩達の声を聞こう!人気ネットショップに学ぶ!:ショップオーナー訪問 いいところはどんどん参考にしよう!注目ネットショップ紹介
    「ネットでお仕事」シリーズ製品・サービス
    ネットショップ・オーナー
    ダヴィンチ・カート
    同報@メール
    ネットショップのはじめ方、ここにあります! ネットショップを繁盛させるアイデアにあります!


    おすすめネットショップ関連サービス!

    レンタルサーバー
    自分の店を建てるには土地やテナントが必要なように、自分のネットショップを持つにはショップを公開するためのサーバーが必要です。
    詳しくはこちら
    HP売上アップ
    支援サービス
    ネットショップを繁盛させるには、様々な対策が必要です。
    専門サービスを使うことで、ショップ運営への余力を残しましょう。
    詳しくはこちら
    キーワード広告
    ニーズを持った見込み客を効率的に、しかも低コストで集めることができるという、独立ネットショップにとって有効な集客方法です。
    詳しくはこちら
    アクセス解析ツール
    「何人くらいのユーザーが来ているのか?」「注目ページは?」 閲覧者の情報や傾向を客観的に知るための手段です。ホームページの改善の手がかりを探ることができます。
    詳しくはこちら




    ホーム製品・サービスネットショップ開業支援キャンペーン・ニュースサポートユーザー登録ご購入